田舎のパパが日常で感じた気になる話を発信するブログです。

気になるボックス

ニュース

命名権は個人でも買えるのか?

投稿日:2014/05/26 更新日:

先日、鳩サブレーで有名な豊島屋が鎌倉の海水浴所の命名権を取得しましたが、命名権は行使せずに親しみのある従来通りの名前にするという記事がありました。

神奈川県鎌倉市にある3つの海水浴場のネーミングライツ(命名権)を年間1200万円で取得し、愛称を募集していた鎌倉銘菓「鳩サブレー」で知られる「豊島屋(としまや)」(同市)は15日、愛称が現名称と同じままの由比ガ浜(ゆいがはま)▽材木座(ざいもくざ)▽腰越(こしごえ)-の各海水浴場に決まったと発表した

最近では、いろいろな自治体で公共施設の命名権の募集するようになり命名権という言葉をよく耳にするようになってきました。この命名権って個人でも購入できるのか気になりました。

スポンサーリンク

個人で買える命名権

命名権.comで個人でも契約できる「施設の命名権」を探してみたのですが、契約条件に法人指定ばかりで個人での契約は難しいようです。

施設に限定しなければあるようです。例えば、星の名前、列車の名前、競馬のレースの名前などです。

宣伝目的というよりは個人の記念目的になりますね。まぁ、よく考えてみると個人が施設の命名権を買うメリットなんて、お金持ちの自己顕示くらいですかね。

契約条件に法人指定があるのに納得です。

施設の命名権で思うこと

Naming rights

「グリーンスタジアム神戸」
「Yahoo!BBスタジアム」
「スカイマークスタジアム」
「ほっともっとフィールド神戸」

これらの施設の名前は誰もが一度は聞いたことがあると思います。

4つの名前は全て同じ球場を差します。知っている人にとっては当たり前なのですが私は知りませんでした。

地元の人はどう感じているのか気になる所です。自分が地元の人だったら、10年、20年という長期契約を結んでほしいと思います。ころころと施設の名称が変わりますと、愛着が持てないですもんね。

ではでは。

-ニュース
-

Copyright© 気になるボックス , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.