田舎のパパが日常で感じた気になる話を発信するブログです。

気になるボックス

雑記

日和山が18年ぶりに日本一低い山に返り咲き!山の定義とは一体??

投稿日:2014/04/12 更新日:

Japan no1 mt

先日、仙台市にある日和山が18年ぶりに日本一低い山に返り咲いたそうです。東日本大震災の影響で6メートルあった高さが半分の3メートルになりました。「標高わずか3m、あの天保山より低い山あった」という記事になっています。

スポンサーリンク

山の定義とは?

かつて標高6メートルの国内2番目に低いとされた日和山は、東日本大震災の津波で削られ、消滅したとみられていた。しかし国土地理院が改めて被災地沿岸の地形を測量し、3メートルの「山」と確認。

日本一低い山が、3メートルしかないと知ったときは驚きました。これが山なら誰でもアルピニストになれそうです。

山の定義って一体?

国土地理院のHPで調べて見ました。測量の一般的事項に関するQ&Aからの抜粋。

山の名称は,市区町村からの資料に基づいて,主要なものをその山頂部に対して表記します.
このため,表記する山は市区町村からの資料に記載され,かつ,主要なものである必要があります.

市区町村が山と認定することができると読み取れます。それだと町おこしのために認定が乱発されてもおかしくないはず。そうなっていないのには理由がありました。やはり厳しい条件があるようです。

測量面で重要な意味を持ち、三角点や標高点がないといけないようです。

前チャンピオンの天保山は人工的に作られた山

山の定義を調べていて衝撃的な事実をしりました。前チャンピオンの天保山が人工的に作られた山、いわゆる築山(つきやま)だったのです。

大型船を入港させやすくするために工事した際、川の土砂を積み上げられてできた山です。完成当時は20メートルの高さがありました。

その後、幕末、外国船の威圧に対して警護するため砲台を設置した際に削られ、高度成長期の時代に地下水をくみ上げすぎて地盤沈下を起こして、現在の4.53メートルになったそうです。

人工的に作られた山ですが歴史がありますね。

ではでは。

-雑記
-,

Copyright© 気になるボックス , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.