田舎のパパが日常で感じた気になる話を発信するブログです。

気になるボックス

ブログ改造記

WordPressでHTTP500エラーが発生したときの対処方法

投稿日:

POPOLOGです。先週の黄砂は凄かったですね。肺が心配になります。

WordPressでプラグインが原因でHTTP500エラーが出た場合の対処方法を紹介します。以前はデータベースを直接SQLで変更していたのですが簡単な方法が見つかりました。

スポンサーリンク

まずは[Plugins]フォルダをリネーム

[Wordpressルート/wp-content/plugins]フォルダをリネームします。

mv plugins plugins_bk

この状態で一旦、Wrodpressの管理画面を開きます。プラグインが原因で合った場合は開くはずです。開いたらプラグイン一覧を表示します。ファイルが見つからないという旨のメッセージが表示されているはずです。

これで第一段階は完了です。

[Plugins]フォルダを元に戻す

先程リネームした[Plugins]フォルダを元に戻します。

mv plugins_bk plugins

管理画面を開き、プラグイン一覧を表示します。今度はエラーは表示されていないはずです。しかし、全てのプラグインが無効になっているはずです。

これで第二段階は完了です。

一つ一つプラグインを有効にして犯人を捜す

最終段階です。あとはロシアンルーレットの如く、一つ一つプラグインを有効にしていき犯人を捜します。

有効にした瞬間、HTTP500エラーが発生したら、最後に有効にしたプラグインが原因だと言うことが分かります。

なぜエラーとなるのかは環境や状況によると思います。犯人がわかれば最初の手順に戻り、犯人以外のプラグインを有効にします。とりあえずは、これでサイトを復旧させることができます。

おわりに

HTTP500エラーでサイトが表示されなくなると焦りますね。そんなときこそ、落ち着いて地道な作業が近道となりそうです。

ではでは。

-ブログ改造記
-

Copyright© 気になるボックス , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.