田舎のパパが日常で感じた気になる話を発信するブログです。

気になるボックス

Windows

WSUSの更新失敗時の復旧手順

投稿日:

WSUSに更新プログラムをあてると起ち上がらなくことがあります。今年に入ってすでに2回あり毎回冷や汗ものです。今回は復旧手順を紹介します。

スポンサーリンク

復旧手順

KB2720211、KB2734608の適用でそれぞれWSUSがぶっ飛びました。2回も体験したので3回目もあるのではないかと手順を残すことにしました。

1.管理データのバックアップ

管理データはWindows Internal Database(以下、WID)に保存されます。そのデータベースのバックアップを取得します。

  • サービス一覧より[Windows Internal Database (MICROSOFT##SSEE)] を停止します。
  • WSUSのルートフォルダにある[UpdateServicesDbFiles]フォルダをバックアップします。
  • サービス一覧より[Windows Internal Database (MICROSOFT##SSEE)] を開始します。

2.WSUSのアンインストール

ここは大変重要です。

アンインストールを実行するとウィザードが起動します。そのとき削除するデータの選択を求められます。
wsus-rebuild

[Windows Server Update Services 3.0 SP2 データベース] は削除します。これは先程バックアップを取ったファイルです。

[ログファイル] は削除しても残しても構いません。

[ダウンロードされた更新ファイル]は絶対に削除していはいけません。これはサーバにダウンロードされた更新プログラムファイル群です。削除してしまうと復旧時に管理データベースとの整合性がとれなくなるためです。

3.WSUSの再インストール

データベースはWIDを選択してください。アンインストールでデータベースを削除しているので新規で作成されます。

4.更新プログラムの適用

復旧作業の原因になった更新プログラム(KB2720211、KB2734608など)を適用します。特に問題なく適用されるはずです。

5.管理データの復元

最初にバックアップした管理データを復元します。

  • サービス一覧より[Windows Internal Database (MICROSOFT##SSEE)] を停止します。
  • バックアップしてあった[UpdateServicesDbFiles]フォルダを戻します。
  • サービス一覧より[Windows Internal Database (MICROSOFT##SSEE)] を開始します。

6.再度、更新プログラムの適用

バックアップより戻した管理データベースにも更新プログラムの適用が必要?のようなので、再度、更新プログラム(KB2720211、KB2734608など)を適用します。

とりあえず再構築は完了です。クライアントのと同期が取れているかなどに着目してWSUSの動作確認をしてください。

おわりに

まさか2回も復旧作業をやるとは思ってもみませんでした。サーバ系アプリのトラブルは心身ともに疲労困憊しますね。

ではでは。

-Windows
-,

Copyright© 気になるボックス , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.