田舎のパパが日常で感じた気になる話を発信するブログです。

気になるボックス

VPS

CentOS6にアップグレードしたときのAIDE(改ざん検知)の注意点

投稿日:

さくらVPSの1Gプラン登場を機会にCentOS5→6にアップグレードしました。困ったことが一つありました。改ざん検知にはAIDEを使っているのですが、アップグレード後に検知が多発してしまいました。

スポンサーリンク

原因は「prelink」

dailyのcronで「prelink」が再作成されていたのが原因でした。prelinkするときにバイナリを改変するためハッシュ値が変わって検知されてしまうようです。

prelinkの詳細についてはこちら

検知されないようにするには

prelink機能を切ることで対応します。
/etc/sysconfig/prelink を編集する。

vim /etc/sysconfig/prelink

[PRELINKING]を yes から no に設定変更する。

# Set this to no to disable prelinking altogether
# (if you change this from yes to no prelink -ua
# will be run next night to undo prelinking)
#PRELINKING=yes
PRELINKING=no

とりあえず、これで毎日飛んでくる改ざん検知のメールに怯えなくてすむようになりました。

-VPS
-,

Copyright© 気になるボックス , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.