田舎のパパが日常で感じた気になる話を発信するブログです。

気になるボックス

VPS

VPSで運用されているWordPressサイトのお引越し術

投稿日:

VPSの契約プランを変更した都合上、サイトの引越しする機会がありました。出来るだけ簡単な手順がないか色々調べてみました。WordPressディレクトリとデータベースを丸ごとコピーするだけでいいじゃん!」と思いはするものの紹介するサイトが見つかりませんでした。簡単に備忘録として残しておきます。

スポンサーリンク

前提条件

・Wordpress以外の環境は全て準備できていること
・引越し前後でドメインの変更がないこと

お引越し手順

WordPressのインポート機能などを利用した引越し手順の紹介が多いですが、本稿では「丸ごと」をテーマとして!?引越しを行います。

1.データベースの丸ごとコピー

[引越し元で作業]データベースのバックアップを取得します。

mysqldump -u [ユーザー名] -p -l [データベース名] > [バックアップ出力先(ファイル名)]

作成したバックアップファイルを引越し先に転送します。
※FTP、SFTPなどを利用して転送してください。

[引越し先で作業]データベースの作成

WordPressで使用するデータベースを作成します。

mysql -u root
mysql>create database[データベース名];
mysql>grant all on [データベース名].* to '[ユーザー名]'@'localhost' identified by '[パスワード]'

[引越し先で作業]データのインポート

引越し元で作成したバックアップファイルをインポートします。

mysql -u [ユーザー名] -p [データベース名] > [バックアップファイル]

2.WordPressの丸ごとコピー

[引越し元で作業]WordPressディレクトリを取得します。

WordPressのルートディレクトリを丸ごと引越し先に転送します。
※FTP、SFTPなどを利用して転送してください。

[引越し先で作業]WordPressディレクトリを配置します。

転送されてきたWordPressディレクトリをWebサーバーの所定の場所に配置します。

[引越し先で作業]所有者の変更

必要に応じてchownコマンドを利用して所有者を変更します。Apacheを利用している場合は、所有者を[apache]にしているケースが多いでしょうか。

3.DNSレコードの変更

ご利用中のドメイン業者でDNSレコードのIPアドレスを「引越し元IPアドレス」から「引越し先IPアドレス」に変更します。

4.旧サイトの閉鎖

引越し先での動作確認ができたら、引越し元の旧サイトはWebサーバを停止するなりして閉鎖しましょう。放置してしまうとGoogleなどの検索エンジンにコピーサイト扱いされて検索結果を影響を及ぼすかもしれません。

引越しして2ヶ月程経ちますが問題はないようです。

-VPS
-

Copyright© 気になるボックス , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.