田舎のパパが日常で感じた気になる話を発信するブログです。

気になるボックス

Windows

消したはずのファイルが残っている、更新がかからない。ときの対処方法

投稿日:

先日、ごみ箱に捨てたはずのファイルが元の位置にあるという現象にあいました。[F5]ボタンを押して画面をリフレッシュすると消えたことから、ファイル自体は削除されているが画面の更新がされていないようでした。

スポンサーリンク

explorer.exe の誤作動?

ファイル関連でWindowsの挙動が怪しくなったら、とりあえず、「explorer.exe」を再起動してみましょう。大概の場合は解決します。

explorer.exe のプロセスを終了する

1.[Ctrl]+[Shift]+[Esc]で「タスクマネージャー」を起動します。
2.[プロセス]タブを選択します。
3.一覧より「explorer.exe」を選択して[プロセスの終了]ボタンを押します。

4.確認ダイアログが表示されたら[プロセスの終了]ボタンを押します。

「explorer.exe」が終了するとデスクトップのタスクバーが表示されなくなりますが焦らなくても大丈夫です。次のステップで「explorer.exe」を再起動すると復活します。

「explorer.exe」のプロセスを起動する

1.タスクマネージャーのメニューの[ファイル]-[新しいタスクの実行]を選択します。

2.[名前]に「explorer.exe」と入力して[OK]ボタンを押します。

3.再起動の完了です。タスクバーが復活します。

これで怪しい挙動はなくなるはずです。解決しないときは、PCを再起動してみてください。

-Windows
-,

Copyright© 気になるボックス , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.