田舎のパパが日常で感じた気になる話を発信するブログです。

気になるボックス

Windows

OS別のWinHttpプロキシの設定方法

投稿日:

Windows Updateの自動更新サービスなどでは、WinHTTPに指定されたプロキシサーバーが使用されます。
WindowsXPを境に設定方法(コマンド)も変更になりました。
備忘録をかねてOS別に設定方法を紹介いたします。

スポンサーリンク

Windows Vista, 7 の場合

  1. 管理者権限のあるユーザーでコンピューターにログオンします。
  2. コマンドプロンプトを起動します。
    [スタート]→[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[コマンドプロンプト]を右クリックして、[管理者として実行...] を選びます。

  3. 下表より用途にあわせてコマンドをプロンプトに打ち込みます。
  4. NO 動作 コマンド
    1 設定を確認する netsh winhttp show proxy
    2 設定する netsh winhttp set proxy proxy-server="proxy.xxxxx.co.jp:8080"
    3 IEの設定と同じにする netsh winhttp import proxy source=ie
    4 設定を初期化する netsh winhttp reset proxy

Windows XP の場合

  1. 管理者権限のあるユーザーでコンピューターにログオンします。
  2. コマンドプロンプトを起動します。
  3. [スタート]→[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[コマンドプロンプト]を選択します。

  4. 下表より用途にあわせてコマンドをプロンプトに打ち込みます。
  5. NO 動作 コマンド
    1 設定を確認する proxycfg
    2 設定する proxycfg -p "proxy.xxxxx.co.jp:8080"
    3 IEの設定と同じにする proxycfg -u
    4 設定を初期化する proxycfg -d



OSによってコマンドが違うので、いざという時に思い出せなくて困ってしまいますね。

-Windows
-

Copyright© 気になるボックス , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.